レザー・サーカス WEB SHOP

ペット、花、家庭園芸、DIY、アウトドア用

もしも革を使われる機会があれば、絶対にお勧めなのが植物タンニンなめし(ラセッテーレザー)の皮革です。 特に犬の首輪には、肌に当たるところにはクロムなめしの革よりも植物タンニンなめしのほうが肌に優しいと聞いたことがあります。 もしも地中に埋めたりする際も、もちろん植物タンニンなめしの革がお勧めです。

ところで、大工道具で革を使用する機会は少ないかもしれませんが、例えばその道具を入れるケース・収納袋やシザーケースのように腰から吊るして携帯するようなサイドバッグなどに革を用いることは、革の物性面からその使用方法は理にかなっています。
キリや釘など先端の尖ったものでも、圧力をかけない限り大抵は突き抜けることがありません。 これは動物のコラーゲンたんぱく質の緻密に絡み合った繊維層に起因します。

また、革の引っ張り強度の強さも、重い道具を入れるのに適しています。
きれいに仕上げの施された革も良いのですが、アウトドアで使用するときには少し天然の傷が目立つような革の方がしっくりと来るかも知れませんね。

アウトドアで、もうひとつ。 ピッグスキンを海辺のレジャーマット用に使用するという使い方 好き嫌いや、要不要の意見がハッキリと出るかもしれませんが、素上げの革であれば日焼け止めオイルがバッチリ浸みて、ビニールにありがちなベトベト感から解消されるかも???ご興味ある方はどうぞ。