レザー・サーカス WEB SHOP

ブックカバーやノートカバー用


ブックカバーやノートカバー用としては、表にも裏材としても多数ご使用いただいています。
たとえば、東京ミッドタウンでエコレザー展が開催されたときに販売されていたノートカバーは、ラセッテー二ブリックで作られていました。 裏材にもラセッテーレザーを使用するという贅沢さ。
そのほかにも、ブックカバーや本の栞として使用されているブランドも多数あります。
カバーとして使用される際は、少し厚みを薄く漉いた方が具合が良いようで、どちらのメーカーさんからも0.8mmとか0.6mm合わせとかのご要望をいただきます。
表用として本革を使用されたら、その裏材には同じ本革素材か生地を使用していただきたいと、勝手ながら期待しています。それらしく見せる合成加工された素材を裏材でよく見かけますが、折角なのにチョッと残念・・・と、素材屋としては考えてしまいます。
逆に、ランドセルなどで裏材は本革を使用して、表材には他の繊維で!ビニールで!となると、拍手を送りたくなるものです。(本当に勝手を言って申し訳ありません・・・汗。)